Headquarters

HEADQUARTERS

PINKOの企業経営は、国際基準に則り、人材、就業慣行、環境に関する責任を常に負っています。
2010年にオープンしたフィデンツァにあるPINKOの新本社(15,000平方メートルの施設)は建築家 Canaliによって設計されました。 
「グリーンファクトリー」(デザイン、最先端テクノロジー、自然の風景の3つの要素を融合したコンセプト)の本社で、研究とイノベーションを日々行い、アイデアを共有し、人々を最優先に考え、持続可能な会社の方向性とモデルを構築し、シンプルですが具体的なステップを日々踏んでいます。
「ネーチャー(自然)」と調和したガラスと鉄筋構造のPINKO本社は、大きな窓から周りの木々が見渡せ、また3,500平方メートルのルーフ・ガーデンなど、周囲の自然にとけ込んだデザインとなっています。 
施設には、モデル制作・開発ラボ、倉庫、コンピュータ・エンジニアリング・ルーム、イベントとプレゼンを行える講堂、保育園、カフェや晴れた日に屋外で食事をとれるダイニング・パティオが備わったレストラン・エリアがあります。
またPINKO本社駐車場に電気自動車の充電ステーションを配備することで、環境への配慮やエコモビリティを推奨しています。



THE PET-FRIENDLY COMPANY

従業員は、勤務時にペット(犬・猫など)を自由に会社に連れてくることができます。

THE FUR-FREE COMPANY

PINKOは「環境にやさしい精神」に則り、また最先端技術が生み出す優れた材料を活用することで、2016年秋冬コレクションから動物のファーで衣服を制作することを禁じ、ファッション界において「ファー禁止」を先駆的に導入しました。

#PINKOtakecare

2018年6月、PINKOは従業員の健康と社会的持続性を促進するためのプロジェクトをスタートさせました。イタリアでスタートしたこのイニシアチブは、人々の精神面の健康全般に注意を向け、仕事と幸福のバランスを改善することに焦点を当てています。PINKOは、従業員がフィデンツァ本社やイタリアの優れたヘルスケアセンターでの診断サービスや、医師・心理療法士・ヘルスコーチに会い健康について相談する機会(包括的なサービス)を提供しています。またこの機会に、従業員には病気予防および幸福な生活を送ることの大切さを理解してもらいたいと思っています。